(名称及び事務局)
第1条  本会は、旭区硬式テニス協会と称する。
第2条  本会は、事務局を希望ヶ丘テニスクラブ内に置く。

(目的及び事業)
第3条  本会は、旭区の硬式テニスの普及と健全なる発展により、区民体育向上及び相互親睦を図ることを目的とする。
第4条  本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
      (1) 硬式テニスの振興
      (2) 硬式テニス大会の開催
      (3) 指導者の養成及ぼい教室等の開催
      (4) その他本会の目的達成に必要な事業

(組織)
第5条  本会は本規約第3条の項目に賛同する旭区に於ける個人及び団体をもって組織する。

(役員)
第6条  本会は下記の役員をおく。
      会長 1名、理事長 1名、副理事長 1名、理事 若干名、評議会 若干名、監事 若干名
    2 会長、理事長、副理事長は理事会に於いて推挙、選出する。
    3 理事は会長が委嘱し、総会で承認を受けるものとする。
    4 評議会は加盟団体の代表者で、理事会が推薦し総会で承認を受けるものとする。
    5 事務局長、会計を理事のうちから選任する。
    6 事務局には事務局員を置くことができる。
    7 監事は総会で選任する。
    8 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(役員の任務)
第7条  会長は、本会を代表し、会務を統括する。
    2 理事長は、会長を補佐し、会長不在もしくは会長事故あるときは、その職務を代行する。
    3 副理事長は、理事長を補佐し、理事長不在もしくは理事長事故あるときは、その任務を代行する。
    4 理事は、理事会を構成し、会務の遂行にあたる。
    5 監事は、本会の会計を監査する。

(決議機関)
第8条  本会の決議機関は、総会、理事会とし、総会を開催できないときは、理事会をもって代えることができる。
第9条  総会は、理事及び評議会をもって組織し、会長が召集し、議長となる。
第10条 総会は、構成員の2分の1の出席で成立し、その決議は出席者の過半数で決する。可否同数のときには議長がこれを決する。本会の全ての会議にこの条項を適用する。
第11条 次の事項は、総会の承認を必要とする。
      (1) 事業報告、決算に関する事項
      (2) 事業計画、予算に関する事項
      (3) 規約の改廃に関する事項
      (4) 会長、理事長、副理事長、理事の承認
      (6) その他、理事会が必要と認めた事項

(執行機関)
第12条 本会の執行は、理事会が行う。
第13条 理事会は、理事をもって構成する。
第14条 理事会は、必要に応じて理事長が召集する。
第15条 理事会は、次の事項を審議し執行する。
      (1) 本会活動にかかわる事項、規約の改廃に係わるもので、総会で審議すべき事項
      (2) 事業計画、予算に基づく事業運営に関する事項
      (3) 総会の決議承認により委任された事項
      (4) その他、理事長が必要と認めた事項

(会計)
第16条 本会の経理は、会費、補助金、賛助金その他の収入をもってあてる。
第17条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(監査)
第18条 会長は、毎会計年度の終わりに、収支決算書、事業報告書を作成し、監事に提出しなければならない。
    2 監事は、前項の書類を監査し、これを会長に提出しなければならない。
    3 会長は、前項の書類を総会に提出し、その承認を得なければならない。

(登録)
第19条 本会の会員になろうとする団体は、入会申込書を会長に提出し理事会の承認を得て登録しなければならない。
    2 会員は、退会しようとするときは、その旨を会長に届け出なければならない。
    3 会員が今回の運営を著しく阻害する行為をしたときは、理事会において除名することができる。
第20条 本会は、会員に対し、理事会において決議された会費を徴収することができる。

(付則)
第21条 この規約の改廃は、総会において行う。
第22条 この規約は、平成25年7月27日より施行する。
      この規約は、平成27男6月19日より改正施行する。

↑このページのトップヘ